整備手帳 

  
  2003.3
 ハイラの車検です。
 車検はイプーを買ったお店でお願いしています。
 セールスさんが2月に我家に寄ってくれて、不具合について相談しました。 
 始動については、やはりブラシ関係だろうということでした。
 で、いよいよ車検にだします。
 「日にちがかかりますが・・」仕方ありません。病気を治さなければ。
 ラジエターは、修理でも可能なので一応修理部門へ見積もりを依頼してくれました。 
 半田付け補修で5万円くらいかかるそうなので思い切って新品にしてもらいました>69k円。
 セルモーターはブラシとその相手(回転接点側)を交換。
 ステアリングのパーツ(左前輪のところにあるアーム)を交換>6.9K円。
 そして総合計はなんと消費税込み189k円。
 ちょうど多年勤続の報奨金制度の廃止で、救済案が発令されまったく同じ金額が入金されました。 
 ああ、26年働いて、ハイラの車検・修理代金でお終いとは・・・。

 車検中はおじいちゃん(父)のスターレットで通勤しておりました。
 2速(4速シフト)でぬわわkm/hも出るし、小回りは楽だし、軽いし。
 ハイラが一週間の入院から戻ってきたときは重さをしかり感じました。
 でも、また仲良くやっていけそうです。
 排ガス規制でいろいろと問題も出るでしょうが、末永く付き合いたい。

 通勤に毎日、往復100km以上走行します。
 会社全体で事故が多発しているために公共交通機関に手段を換えられる者には換えるよう指示が来ました。 
 私も03春から電車通勤でしょうか。
 インターネットラジオをカセットに録音できるようになり、毎日ハイラで聴いて通勤できるようになったのですが。
 わたしの唯一、ひとりきりになれる時間。 もっとも幸せな時間。
 片道1時間を超える移動でも、私にはもっともリラックスできる時間なのです。
 出勤時、このままどこかドライブへ出てしまいたいとなんど思ったことでしょう。
 しかし、その幸せも奪われそうです。なによりも悲しい>春なのに。

 その後、なんとかお許しをいただき、マイカー通勤を継続しています。

 が、さていよいよ10月。関東ディーゼル規制のスタートが近づきました。
 あんまり、気にしていなかったのですがやはり具合の悪いことが出てきました。
 川越市に年に数回行きたいのですが、とてもまずい。
 父親の最新2シーター・ミッドシップ・フルタイム4駆では川越には行けません。
 だって、運転席がせまいんだもん。痩せればいいか、と言うのではなくて長い足が納まらない(禁・笑)。
 うーん、こまったスターレットではトレーラーを引くヒッチメンバーが特注になりそうだし。
 今、あれこれと悩んでいます。
● 祝!HILUX 20万Km (本当にお祝いか???)